サラリーマンは気楽な稼業ときたもんだ?

この記事は2分で読めます

植木等さんの「どんと節」に出てくるこのフレーズ

ちょっと古いね。

知らない方の為に

http://www.uta-net.com/movie/3324/

まあ、確かにそこそこの会社に勤めていれば個人事業の人や

小規模の会社の社長に比べたら気楽な稼業かもしれませんね。(ブラック企業は論外です)

 

外廻りが出来る人は直行と直帰とか

接待費使える人は接待費でね。。。

 

 

サラリーマン(会社員)について思ったことを書いてみました。

■収入面については

一定収入が永遠と続き、調子良ければボーナスが楽しみって感じですかね。 大金持ちにはなれないですね。

年収1000万もらえたら良いほうじゃないですかね。

ちなみにこちら平成23年(平成23年12月31日現在)のサラリーマンの年齢別年収データです。http://nensyu-labo.com/heikin_nenrei.htm

生涯賃金はだいたい2億~3億円のようです。

■責任

多分一番辛いのは良く耳にする中間管理職の立場ではないでしょうか?副課長、課長さんたち?

社長に良い顔をしたい上司から無理難題を課せられ、そして部下を動かさなければならない。部下もオダテテ上司にヨイショ!

その成果次第では左遷、減給評価となってしまう恐れがある。

■休日、休暇

ブラック企業で無ければ普通は週休2日。

年末年始、夏季休暇、冠婚葬祭、産休、有給休暇

ざっくり年間245日程度働く事になります。

■定年退職

最近は私の周りの人達が定年退職を迎える人が多く退職後の不安の話を良く聞く機会が増えました。

年に1~2回OBの方と会って食事会をするのですが

ある人はサイクリングを楽しみ孫の世話。

ある人はバイクが好きで海外にツーリングに出かけたり。

ある人は毎日やる事を探すの大変なんだよー!と

この世代の人達は年金的には恵まれた世代の方たちです。

 

これからは本当に大変だと思います。

働く若い世代がいないという事。我々の老後を応援してくれる若者が少ない!

 

 

個人的な感覚ですが日本企業と外資企業に勤めた経験から

サラリーマンでの不満は報酬だけですね。

Adsence

関連記事

  1. 2015 11.07

    むかついた日

  2. 2013 06.01

    10年後の自分

  3. 2013 06.16

    入院で考える

  4. 2013 06.18

    転職後

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Adsence

プロフィール

_1326733402.75539_701.png

1970年生まれ
妻1人子供3人の父親をやってます。
Tsuntsukutsun9です。
5年後の早期リタイヤを目標に頑張ってます。

人気ブログランキング↓をクリックしてもらうと超喜びます!

人気ブログランキングへ

Cyfons

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

最近の投稿

Adsence

カテゴリー

海外でサッカーの親善試合少女U12バンコク編(1日目)